Recruiting 2022

Fresher's Symposium 若手社員座談会

働くほど、もっと好きになる!
サンシャインシティ・フレッシャーズの本音

「なんとなくはイメージしているけど、実際サンシャインシティってどんな会社?」 現在サンシャインシティ歴1年目のフレッシャーズが語ります! 2020年度入社6名による本音トークをご覧ください。

Member Profile

  • 三皷

    Mitsuzumi

    管理部

  • 小川

    Ogawa

    コミュニケーション部

  • 冨家

    Fuke

    コンベンション事業部

  • 松下

    Matsushita

    S・C 事業部

  • 安達

    Adachi

    コミュニケーション部

  • 猪瀬

    Inose

    オフィス事業部

なぜサンシャインシティ?

猪瀬

実は私は就職活動を始める前は「サンシャインシティ」のことを全然知らなくて。所属していた学部では建築も学んでいたので、その流れから不動産業界を知る中でサンシャインシティを知って面白い会社だと思いました。開業して40年経っているのに新しい話題が常に生まれている。そこに魅力を感じましたね。

安達

私はまちづくりに直結する仕事をしたいと考えていたこともあり、就職活動時は不動産や鉄道系の企業を中心にみていたのですが、サンシャインシティを深く知るにつれ、池袋や豊島区などの街に特化したエリアマネジメントを行っている会社はほかになく、さらにイベントなどを通して「なんか面白いこと」を日々生み出しているという点にも魅力を感じて決めました。

松下

私は大学で地域政策について学んできまして、安達と同じくまちづくりに携わりたいという気持ちを強く持っていました。中でもショッピングセンターに入っていたテナントでアルバイトをした経験から、「ショッピングセンターはまちづくりに直結している!」と感じ、SC業界を中心に就職活動をスタート。中でもサンシャインシティに惹かれたのはSC業界という側面だけではなく、コンベンション事業や、オフィスビルの不動産運営など、さまざまな面からまちづくりに携わることができる可能性を感じたからです。

冨家

実は私も松下と同じく、ショッピングセンターのテナントでアルバイトをしていました。しかも私の場合、サンシャインシティ内です(笑)。サンシャインシティにいらっしゃるお客様は、オフィスワーカーから学生、家族連れと、老若男女実にさまざま。本当に多岐に渡る要素をもっている施設だと感じて、改めて就職活動としてサンシャインシティを訪れました。

小川

安達や松下と重なる部分がありますが、私も地域に貢献できるような仕事がしたいと考えていました。地域貢献と一言で言ってもさまざまな分野がありますが、就職活動をしていく中で突き詰めていったのは、人が集まる場を提供し続けることで地域貢献する施設であること。そういった意味で、松下と同じようにSC業界の会社を中心にアプローチしていきました。基本的に商業施設を扱う会社は運営系か開発系かで分かれているのですが、サンシャインシティは開発も運営も、管理までも自分たちで行っている。さらに池袋という地域を盛り上げていこうという姿勢を強く感じ、この会社で地域貢献したいと決めました。

三皷

私にはサンシャインシティを志望した理由が2つあります。一つは大学時代によく池袋に遊びに来ていて、池袋という街自体に親近感を持っていたこと。池袋のまちづくりに携われるサンシャインシティに素直に魅力を感じました。そしてもう一つは、ただの不動産会社ではなく、コンベンション事業や宣伝・広報の部門があり、あらゆる業務を経験できると思ったことです。学生時代に打ち込んだテニスやイタリア留学の経験があり、社会人になってからもさまざまな経験を積んでみたいという私の人生観とマッチしていました。これからのジョブローテーションが楽しみです。

入社後にギャップは感じた?

冨家

アットホームな雰囲気は内定したときから感じていたんですが、いつも先輩方が気にかけてくれる点など、入社してからも印象は変わりませんね。ただ、アットホームだからといってのんびりしているわけではなく、新入社員であっても意見を求められたり、挑戦する機会をいただけることが多いです。そういった点は良い意味でギャップがあったな、と。

安達

アットホームな雰囲気というのは本当にその通りだと思います!学生の頃は会社というものに対してお堅いイメージを持っていましたが、サンシャインシティは明るくて面白い人が多く日々刺激を受けています。

松下

私も、入社する前は説明会の雰囲気とか真面目な方が多いイメージだったけど、実際に話してみると面白くてユニークな方が多いと感じました。韓国ドラマや野球観戦の話で盛りあがったり、週末は草野球や釣りをされる方もいたり。多趣味な先輩が多い印象です!

小川

確かに、思っていた以上に社員同士の交流が多いかも。部署内はもちろんですが、他部署とも支え合いながら業務に取り組んでいるし、部署が違う先輩にも気にかけていただいて。とても順調な毎日を過ごしています。

猪瀬

私は「池袋の不動産会社」というイメージを持って入社したんですが、活動自体は池袋にとどまらず広範囲なところに意外なギャップを感じました。他地区のエリアにも積極的に施設見学に行きますし、社員もプロパーだけでなく他業界で経験を積んだ方も多くいる。積極的な姿勢の社員が多いため、受動的な姿勢ではなにも生み出せないんじゃないかとも感じました。

三皷

私も池袋のまちづくりに力を入れているというイメージがありながらも、どこまで注力しているんだろう、と気になっていました。実際に入社してみて、地域の方々との繋がりが深く行政機関である豊島区との連携も多いな、と率直に感じました。社員数が130人ほどの規模感もあり、社員一人ひとりが意識を高く持って中長期経営計画に携わる姿勢が重要だ、ということも感じています。

サンシャインシティを一言で言うと?

猪瀬

やはり『池袋のランドマーク』ですね。開業から40年を超え、さらに今後サンシャインシティが池袋のランドマークとしてあり続けていくためにも、やる気がある仲間と志を高く持ち活躍していくのが夢。「なんか面白いこと、ある」のキャッチフレーズのもと、開業当時からの複合性を活かしながらも新しいコンテンツを輩出するサンシャインシティの強みを、さらに強固なものにしていきたいですね。

三皷

『「なんか面白いこと、ある」が、本当に体現されている会社』。施設を見ても、水族館や展望台、さらに噴水広場でのイベントなどさまざまな仕掛けがあって、ふと訪れてみただけでも楽しい思い出ができる。社内的に見ても、最近では特にワークスタイルの進化がめざましいです。グループ社員全員が一体となって共創・協働し、より面白いことをつくり続けている。私も積極的な姿勢で業務に取り組み、さらに愛され続けるサンシャインシティをつくりあげていきたいと思っています。

松下

私が感じているのは『自分の長所を見つけてくれる会社』です。自分自身は長所だと思っていなかったことでも、「こういうの得意だね!」とか「松下さんが始めたこと、考えつかなかった」と、先輩方が褒めてくれて。私自身もこの施設で一緒に働いている方々との繋がりを大事にしながら、魅力あるショッピングセンターをつくりあげていきたいです。

安達

なによりも『個を大事にしてくれる会社』です。入社1年目で経験の浅い私の意見にも耳を傾けてくれ、提案が形になることもあります。現在はコロナの影響もあり、世の中の状況にあった新しいサービスを、スピード感を持って実現させることが求められている。そうした状況下でも、個々を尊重してサポートし合いながら、「なんか面白いこと」を生み出していけるのはサンシャインシティの強みです。

小川

『声を拾ってくれる会社』ではないでしょうか。自分がやりたいことがあると手を挙げれば、一緒に賛同して形にしようと動いてくれる。サンシャインシティではいま試験的にフレックスタイム制度が導入されていますが、こうした働き方に関しても有志の方たちが手を挙げ、集まって、考えて、話し合ってつくっている風景を目の当たりにしました。私も部署の垣根を超えて新しい「なんか面白いこと」をつくっていきたいですね。

冨家

『1つのチームだと感じる会社』だと思っています。日々の業務の中でも、「私たちチームだから一緒にがんばっていこう」と、いつも声をかけてくれる先輩がいます。新しいことを進めていくときには、他部署の方と相談しながら進めていくこともとても多い。そうした日々のやりとりの中で、全員が真摯に考えていて繋がりがとても強い会社だと、ひしひしと感じます。私も関わるすべての方々と信頼を築いていきながら知識や経験をしっかり積んで、面白い展開を起こせる人間になりたいと思っています。

サンシャインシティ・フレッシャーズに聞いてみた!

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?
  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?
  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

三皷

Mitsuzumi

管理部

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?

    学生時代に打ち込んだテニスやイタリア留学の経験など、経験の豊富さをアピール。どの部署に配属されても器用さを強みとして業務に活かせるのではないかとお話ししました。

  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?

    サンシャイン水族館に新設された「海月空感」は、国内最大級のクラゲパノラマに圧倒されるとともに、非常に癒やされます。全館連動イベント「沖縄めんそーれフェスタ」もおすすめ。今年はコロナの影響でオンライン開催でしたが、通常開催された際はぜひ沖縄を感じてみてください。

  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

    私が採用面接時に印象的だったのは、どの面接官も志望動機や学生時代に打ち込んだことを最後まで親身に聞いてくれたこと。みなさんも変に自分を取り繕うのではなく、ありのままの自分の姿を面接官にアピールしてみてください。応援しています!

小川

Ogawa

コミュニケーション部

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?

    アルバイトでのマニュアル作りやゼミで取り組んだディベート、サークルでの勉強会など。立場や考え方の違う人たちと協調して目標達成まで取り組んできたことを話しました。

  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?

    国内最大級のビジョンで展開される3種類の噴水演出がド迫力の噴水広場。老若男女がビジョンに釘付けになっている姿を見ると、自分ごとのようにうれしい気持ちになります。

  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

    現在の世の中の急激な変化の中で就職活動をする上でも不安や心配があり、自分がやりたいことを仕事にすることは難しいかもしれません。ただ、当社は個人の声を聴いてくれる環境があり、実行する意志があれば実現する可能性が十分にあります。みなさんと働ける日を楽しみにしています。

冨家

Fuke

コンベンション事業部

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?

    サークルで映像制作や広報活動を行っており、提案やチーム管理を行っていた経験を話しました。新しいことを考えようとする姿勢と、協力して物事を動かしていく姿勢の両方をアピールしました。

  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?

    フリーマーケットやコスプレイベントの撮影会が行われているサンシャイン広場に、ぜひ足を運んでみてください。季節の花に彩られている点も見どころです。

  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

    当社の面接は何をどう考えて行ってきたかをしっかり聞いてくれる面接です。同じ考えを持って同じ経験をしてきた就活生は1人としていないと思うので、いつもの自分らしさに自信を持って、サンシャインシティでやりたいことを語ってみてください。

松下

Matsushita

S・C 事業部

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?

    体育会の大学スポーツ新聞部で全国各地を飛び回って取材し、選手と構築した信頼関係をアピールしました。どんな仕事でも相手からの信頼を得ることは重要だと思っています。

  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?

    フロアがリニューアルした「アルパ」3階レストランフロアです!夕方になると照明が切り替わり、夜は大人の空間に。手書き風デザインの壁など、とても映えるフロアです!

  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

    当社は「人」をきちんと見てくれる会社です。自分自身がこれまで考えてきた信念や価値観は必ず伝わります。サンシャインシティで実現したいことを遠慮なくぶつけてください!

安達

Adachi

コミュニケーション部

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?

    3歳から20年間クラシックバレエを続けていたので、1つの物事に長く打ち込める粘り強さがあることをアピールしました。また、質問には明るく答えるよう心掛けていました。

  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?

    都会のビルにここまで幻想的な世界観を創出できるのはサンシャイン水族館の「海月空感」だけ!大パノラマの水槽で浮遊するクラゲを観れば、いくら仕事で疲れていても癒されます!

  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

    サンシャインシティにはジョブローテーションの制度があり、1つの会社で多種多様なジャンルの仕事ができるのは当社ならではの魅力だと思います。サンシャインシティでやりたいこと、ビジョンがあればぜひ面接でぶつけてみてください。面接官はじっくり聞いてくれます!

猪瀬

Inose

オフィス事業部

  • ① 面接でアピールした自分のポイントは?

    体育会アメリカンフットボール部で目標に向かって努力した経験を話しました。まちづくりは一朝一夕でできることではないので、自分の継続力は武器になるのではないかとアピールしました。

  • ② サンシャインシティのおすすめスポットは?

    感性を刺激するコンテンツがたくさんある展望台です。VRを用いたアトラクションでは最先端のテクノロジーを体験することができ、晴れた日には富士山を見ることもできます。

  • ③ 志望する学生への応援メッセージを!

    さまざまな会社を見てたくさんの人と出会い、自分が何をしたいのかを会社と正面から向き合い、将来について考え抜いてほしいです。もしみなさんのやりたいことがサンシャインシティにあれば、ぜひその想いを面接で語ってください。