CSRの取り組み 循環型社会実現への取り組み

当社は、限られた貴重な資源を無駄にしない循環型社会の実現を目指し、廃棄物の削減、分別リサイクルの促進、食品リサイクルなどに積極的に取り組んでいます。

限られた水資源を有効再利用

サンシャインシティでは、毎年30万トン以上の貴重な水資源を再生しています。館内の雑排水は再処理してトイレの洗浄水に使用し、水道水の使用量削減に取り組んでいます。

  • 温水洗浄便座の洗浄水を除く。
再生水が作られる過程

この雑排水の再生システムは上下水道の中間の「中水道」と呼ばれますが、サンシャインシティでは、1978年の建設当初から導入しています。単独ビル用としては日本で初めての中水道システムで、その先進性が話題になりました。この中水道プラントは、サンシャイン60ビルの地下3階にあり、トイレの手洗いや、ビル内で発生した厨房排水、ホテルの浴室などの排水を1日最大約1,200トン浄化しており、再生された「中水」はビル内のトイレの洗浄水に使用されています。

  • 温水洗浄便座の洗浄水を除く。

廃棄物のリサイクル活動

リサイクル、リユースが可能な廃棄物は15分類の分別を行い、資源の有効活用を図っています。一般のお客様やテナントの皆様のご協力を得るため、分別ゴミ箱の整備や分別ステーションの配置と並行してポスターやハンドブックでの広報などにより、投棄時点からの分別回収を進めました。
この結果、総リサイクル率が6割以上となりました。また館内のトイレットペーパーは、館内で回収した紙くず(上質な紙には再生できない紙)からの再生でまかなっています。

グリーン購入

当社では、環境に配慮し極力リサイクル商品を使用するように努めています。

ページトップへ