会社情報 事業領域

都市型総合ディベロッパーである当社が目指しているのは、街を通じて人々の日常を彩ったり、非日常的な楽しさや思い出を提供すること。サンシャインシティのスローガン「なんか、面白いことある」は、街を創るだけでなく、街を通じて人々の豊かな気持ちまで創り出していきたいという私たちの思いを表しています。現在、当社では、「サンシャインシティの事業価値の最大化」と「新規不動産の取得・開発」という2つの事業セグメントを通じて、お客様に愛される街づくりを推進しています。

サンシャインシティの事業価値の最大化

1.オフィスビル

池袋駅近接という立地と大規模な床面積、池袋のランドマークとしてのブランド力がサンシャインシティのオフィスフロアの特長。
それに加えて、建物の信頼性と商品価値を更に高めるため、長周期地震動対策工事など時代のニーズに沿った施策も行っています。
また、サンシャインシティにはテナント専用食堂やショッピングセンター、貸会議室、大規模駐車場など様々な機能を備えているため、そうした複合施設としての利便性の高さもテナントの皆様にご好評をいただいています。

2.ショッピングセンター

サンシャインシティの賑わいの創出に欠かせないショッピングセンター機能。
当社では、魅力的な店舗構成やお客様のニーズに即したリニューアルに加えて、多彩な販売促進イベントを企画・開催することで、テナント店舗の販売促進を支援しています。
また、アミューズメント施設をはじめとしたサンシャインシティの各施設とのタイアップ企画を積極的に行うなど、複合施設ならではの販売促進を支援することで、曜日や季節を問わず、多くのお客様にお越しいただいており、高い競争力を実現しています。

3.展示ホール

見本市やビジネスショー、展覧会などのBtoBイベントから、物産展、キャラクターイベントなどのBtoCイベントまで、様々なイベントが開催される展示ホール。
サンシャインシティの展示ホールは都心部という恵まれた立地や知名度を活かした集客力に加え、飲食テナント店舗と協力して行うタイアップ企画や水族館をはじめとしたアミューズメント施設との相互利用割引など、複合施設ならではの集客支援を行っています。
展示ホールでは多彩なイベントが開催され、年間約200万人ものお客様にお越しいただいています。

4.アミューズメント

サンシャインシティのシンボルとして欠かせない「サンシャイン水族館」や「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」などを運営。
サンシャインシティの水族館や展望台では、生物や景色を楽しめるだけでなく、非日常的な”感動”や”発見”ができるアミューズメント施設として、お客様を驚かせるような独自コンテンツの開発に加え、楽しい時間を過ごしてもらえるようなおもてなしを実践しており、年間を通じてたくさんのお客様にお越しいただいています。

5.アート・カルチャー

多様な文化資源を有する豊島区では、「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」を掲げており、世界からアート・カルチャーの魅力で人や産業を惹きつける都市づくりを進めています。
サンシャインシティでもその一翼を担っており、「サンシャイン劇場」や「古代オリエント博物館」をはじめとしたアート・カルチャー機能で、文化的で想像力に富んだ生活を提供しています。

6.タウンマネジメント

TVCMや交通広告、Webなどの広告媒体製作の企画・立案や、各メディアからの取材対応をはじめとした広報活動による施設PRに加え、サンシャインシティの全施設が連動したイベントの企画を行うことにより、「サンシャインシティ」という街のブランディングを行っています。
また、各施設のリニューアルや設備改修等の投資に係る調整を広く長期的な視野から行うことで、サンシャインシティが長く、多くのお客様に愛されるよう戦略的な取り組みを行っています。

新規不動産の取得・開発

サンシャインシティは1978年の開業以来約40年間にわたり、お客様の日常と非日常に寄り添う街として、時代に応える文化の発信地として、年間約3,000万人ものお客様をお迎えしてきました。
現在、当社はサンシャインシティを通じて培ってきた街づくりへの思いと、磨かれたノウハウ、様々な人とのつながりを財産に、サンシャインシティの外部でも不動産を取得・開発しています。
地域の人々との信頼関係を大切にしながら、街づくりを通じて新たな価値を創出し、地域を更に活性化したり、そこに集う人々をもっと笑顔に楽しくできる可能性を追求しています。

ページトップへ