会社情報 ごあいさつ

なんか面白いこと、
その創造力を街の力に

サンシャインシティは、池袋地域開発の先駆け、大規模民活プロジェクトの第一号として、1978年に開業しました。


以来、「なんか面白いこと、ある。」をスローガンに、皆様にお楽しみいただける施設づくりに努め開業から40年以上が経過した現在でも、毎年約3,000万人ものお客様をお迎えしております。

そして今、池袋エリアは、国際アート・カルチャー都市として、大きく変貌を遂げようとしています。

わたしたちは、これまで培ってきた「ソフトを活かした空間づくりやプロデュース」によるディベロップメント力を最大限に活かすことで、街のより一層の発展に寄与できるものと考え、地域との協働を加速させます。
そのため、まちづくりを推進する専門部署の組成、豊島区との人事交流等、新たな取り組みをスタートしました。

施設の中にとどまらず、「なんか面白いこと」を地域と社会に提供する。
それが、サンシャインシティグループの新たなミッションです。
これからも皆様方のご期待に沿えるよう、まちづくりに努めて参りますので、引き続きご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 合場 直人
ページトップへ