2018.08.20 サンシャイン水族館

かざすだけで瞬時に約4,000種の生き物の名前がわかる!かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS」サービス開始 3ヵ月間はサンシャイン水族館で無料体験キャンペーン実施!!」

サンシャイン水族館(東京・池袋、館長:丸山克志)では、8 月13 日(月)にリリースされた世界初のかざすAI 図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」と提携し、8 月20 日(月)~11 月末までの期間、無料体験キャンペーンを実施します。

LINNÉ LENS とは、ユーザーがカメラをかざすだけで瞬時に生き物の名前がわかり、撮影した写真が登録され、解説を見ることができ、記録され、世界にひとつだけのオリジナル図鑑を作ることができるアプリです。第一弾は、日本の水族館にいる生き物の9割(約4,000種)に対応しており、魚類を中心に、哺乳類(アシカ)、鳥類(ペンギン)、両生類(カエル)、爬虫類(トカゲ)、甲殻類(エビ・カニ)、軟体動物(イカ・タコ)、刺胞動物(クラゲ)など幅広く認識できます。

今回のキャンペーン期間中は、サンシャイン水族館内で「LINNÉ LENS」の位置情報サービスをON にすることで、通常のお試し無料(1日10種まで)を超えて、認識できるすべての展示種の認識・記録を無料でお楽しみいただけます。また、水族館飼育スタッフだからこそ知る習性や観察ポイントとなる豆知識などが満載のサンシャイン水族館オリジナル解説も主要な展示生物においてご覧いただけます。

サンシャイン水族館には約550種の生き物がおりますので、この機会にぜひ色々な生き物に「LINNÉ LENS」をかざしてみてください。