Recruiting 2021

イベント主催者と来館者を つなぐハブとなり、 イベント成功をサポートする。

佐藤

Sato

コンベンション事業部

池袋という街を訪れる、 さまざまな人たちに貢献したい。

元々街ごとに異なる顔を持つ東京が好きで、その中でも池袋は、アニメ・ゲーム文化の聖地であったり、水族館や映画館などのレジャー施設もたくさんある、あらゆる世代の人々が気軽に訪れやすい街という印象でした。就職活動では「多くの人が集う街の中心となるような場所を作る仕事がしたい」という軸で就職活動を始め、ショッピングセンターや展示ホール業界を中心に見て回りました。その中でも、サンシャインシティは様々な機能を持つ複合施設である事や街と密接に関わりを持っている事に魅力を感じ入社を決めました。

主催者の要望を叶えるべく 調整を図り実現につなげる

入社後、コンベンション事業部にて展示ホールの営業・管理業務に携わっています。イベントの開催を検討している主催者の方に対しサンシャインシティの展示ホールを利用するメリットをお伝えするなどの営業を行うほか、主催者さまの要望をどう実現するかを一緒に考えたり、広告・宣伝の協力などのサポートも行っています。
私が担当したキャラクターイベントの主催者さまより「会場への導線に装飾を施しイベントの盛り上がりを演出したい」という要望を受けたことがありました。上司や先輩社員とアイデアだしの打合せを重ね、現場に何度も足を運んで効果的な媒体を模索したところ「階段のステップにキャラクターを浮かび上がらせるような装飾が良いのではないか」との提案が出ました。
装飾を施すこと自体が初めての場所だったので、実施にあたって作業の日程や使用する素材など安全性の確認から、掲出内容など広報面の確認まで、関連部署・関係各社との打合せを一から綿密に行いました。結果として主催者さまには新鮮な告知法として大変よろこんでいただき、期間中来場者の方々が装飾の前で写真撮影している姿を目の当たりにし大きな達成感を覚えました。
一緒に作業をしたチームの仲間や社内他部署、関係各社の協力を得ることで実現でき、イベントは本当に様々な人の力があって初めて成り立つものだということを改めて痛感しました。この経験をしたことで、イベントに携わる際には多くの関係者の方にとってもハブとしての存在になれるよう意識して業務に取り組んでいます。

おもしろさが常に変わりゆく、 サンシャインシティの魅力

サンシャインシティは、水族館、展望台、劇場、博物館、噴水広場、展示ホールなどたくさんの人を集めることができる施設が集積した建物です。各施設では異なるターゲットに向け、日々コンテンツがスピーディーに入れ替わっており「なんか面白いこと、ある。」のサンシャインシティの面白さも絶えず変化しています。それがサンシャインシティ最大の魅力だと感じており、毎日いろんな刺激を受けることができるのは私自身の成長にもつながっていると感じています。
特にコンテンツの入れ替わりが著しくビジネスパーソンからファミリー層まで、様々なお客さまを呼び込む展示ホールの担当としてお客さまに快適さや楽しさを提供できるようアイデアを提案し、カタチにしていきながら、サンシャインシティ、さらには池袋の賑わい創出にも寄与したいと思っています。

私のプライベート

普段は家で映画を見てのんびり過ごすことが多いですが、旅行も好きなので長期休暇を取得し年に2~3回旅行に行きます。今年は軽井沢、オーストラリアに行きました。次はスペインに行く予定です!

TIME TABLE ある一日のスケジュール

  • 9:30

    出社〜会場確認

    本日開催のイベント会場となるホールへ出向き主催者の方へ挨拶をするとともに会場内の安全確認などを行います。

  • 10:00

    消防検査の立会い

    消防署による検査に立ち会い会場内に危険や不備がないか確認します。

  • 11:00

    デスクワーク

    翌月のイベントの開催に必要な消防署への提出書類を作成。
    避難導線や非常口の確保など、安全面に問題がないか会場のレイアウト図面を確認します。

  • 12:00

    昼食

    ショッピングセンター「アルパ」の店舗で同期や部員とランチ。
    物産展などが開催されている期間はイベント会場で食べることもあります。

  • 13:30

    会場確認

    イベント会場に行きお客さまの様子やお困りのことがないかなど会場内を巡回します。
    展望台や水族館などの施設と連動施策を行うこともあるため館内も巡回します。

  • 14:30

    メール対応

    主催者や施工会社と翌月開催のイベントの詳細についてメールを返信。
    告知物の校正確認やVIP来場者への対応など、細部に渡って調整・確認をします。

  • 15:00

    社内打合せ

    S・C事業部、コミュニケーション部と次の連動企画に関するアイデア出しの打合せ。

  • 16:00

    会場確認

    搬出作業が始まるタイミングで荷捌車両の混雑状況や会場の搬出時の安全などを確認します。

  • 18:00

    イベント終了

    会場確認後、主催者にイベントの様子や会場を使った感想・意見をヒアリング。

  • 18:30

    退社

    明日のスケジュールを確認し退社します。