Recruiting 2021

40年の歴史を受け継ぎ、 新生・池袋に、 さらなる“面白い” を。

仮屋崎

Kariyazaki

S・C 事業部

テナントのチカラを引き出すことで、 サンシャインシティの“面白さ” も強まる。

S・C 事業部の「S・C」はショッピングセンターの略で、業務としてはショッピングセンター「アルパ」の運営や、「ナンジャタウン」「MAZARIA」「コニカミノルタプラネタリウム“満天”」「コナミスポーツクラブ池袋」などの大型施設テナントや外部物件の商業テナントも管轄となります。配属当初は、ショッピングモールの運営の中でも経理精算の業務を行い、その際にサンシャインシティの営業上の基礎知識をしっかり学ぶことができました。テナントさまが安心して運営していくための必要な知識であるため、現在担当している営業業務でも非常に役立っています。
現在はS・C 事業部の営業部門において、アミューズメント施設などの大型施設テナントや外部物件の商業テナントを担当しています。契約交渉から日々の運営上のサポート、各テナントさまの持っているコンテンツやノウハウと、サンシャインシティが企画運営するイベントや販促施策を組み合わせて得られる相乗効果で、全館の収益増加を図る業務です。各テナントさまのチカラを発揮していただきながらサンシャインシティ全体の“面白さ” をどう強くすることができるのかについて、各テナントさまとお話させていただくのは、私自身、とてもワクワクする瞬間です。

なにものにも代えがたい、やりきった達成感。 お客さまの笑顔に感無量の思い。

直近の大きなプロジェクトとしては株式会社バンダイナムコアミューズメントさまが運営する新施設「MAZARIA(マザリア)」の2019 年7 月オープンに携わりました。VR アクティビティなどでアニメやゲームの中に入る没入感を味わえる新コンセプトの大規模なエンタテインメント施設です。オープンの半年以上も前から計画に携わり、株式会社バンダイナムコアミューズメントさまはもちろん、先方の施工会社やグループ会社のサンシャインシティ・ビルマネジメント工事部門および協力会社など、調整すべき相手は多岐に渡るものでした。サンシャインシティでは、施設を安全に運営・管理するためのルールがありますが、中にはテナントさまのやりたいことに制限がかかってしまうものもありました。しかし“訪れるお客さまに楽しんでいただきたい” という、テナントさまとサンシャインシティの思いは同じ。安全を順守するルールの中でやりたいことを最大限、どこまで実現させることができるのか、最善の方法を何度も何度も話しあいながら、施設オープンまで試行錯誤を重ねていきました。また、新施設の最大限の告知のために、情報解禁のタイミングを考慮しながら、サンシャインシティ全体の夏休み広告媒体に組み込んでいけるよう、コミュニケーション部の協力を得ながら調整を行いました。こうしてオープンを迎えた「MAZARIA」のオープン日に、長蛇の列が並ぶほど大勢のお客さまにお越しいただき、楽しんでいる姿を見ることができた時は、感無量でした。苦労して調整したものがお客さまに届く瞬間が見えるS・C事業部の仕事に、とてもやりがいを感じています。

開発が進むここ池袋の街で、 3世代に渡り、愛される施設へ。

サンシャインシティは竣工から40年を超える、大変歴史のある施設です。現在、サンシャインシティには年間3190 万人ものお客さまにご来場いただいていますが、オープン前は池袋駅周辺にしか人がいなかったというのですから、驚きです。施設やイベントに魅力を感じていただけるよう工夫を重ねて続けているから、駅から少し距離があっても多くのお客さまにご来場いただけているのだと思います。私自身、池袋は学生時代からよく遊びに来ていた街で、目的を持たずに「とりあえずサンシャインシティに行こう」と来ても、思いがけず楽しいイベントを体験できたり、新しい商品に出会えたりと、“意外な面白さ” にあふれたイメージがありました。これまでサンシャインシティの先輩方が作られてきた「なんか面白いこと、ある。」という風土を、しっかり引き継ぎ発展させていきたいと思っています。
ここ数年、池袋はマンション開発が進んでおり、ファミリーでご来館いただくお客さまが増えていることから、3世代にわたってご利用いただいている方も多く見られます。区庁舎跡には新施設が建設されるなど、池袋地区全体で街の整備・開発が進んでおり、近年では住みたい街ランキング上位に常に入っています。サンシャインシティが今後ますます地域のみなさまやお越しになられるお客さまに愛されつづけるよう、地域や他施設ともつながりを深め、池袋の街全体を盛り上げるような企画に携わるのが今後の目標です。ジョブローテーション制度があるため、部署が変わった際には、また新たな角度からディベロッパーとしてのチャレンジをしてみたいと考えており、それを楽しみにしています。

私のプライベート

月に2~4回、休日にジャズダンスやバレエのレッスンを受けています。小学生時代に始めてから、ここ10年ほどブランクがあったのですが、久しぶりに運動したくなって再開しました。ジャズミュージックや映画の主題歌などに合わせて表現を磨くのが楽しいですね。汗をかくとすっきりして気持ちや身体が整う感覚があります。発表会などの舞台にもいつか挑戦してみたいと思っています。

TIME TABLE ある一日のスケジュール

  • 9:15

    出社

    出社したらまずはメールチェック。
    連絡事項の確認漏れがないようしっかり目を通します。

  • 9:30

    朝礼

    売り上げや来館者数の前日比などを当番の担当者が発表。
    新たにスタートする販促施策や新規オープンのお店など、連絡事項をみんなで共有します。

  • 10:00

    館内チェック

    10:00 にオープンするショッピングセンター「アルパ」や大型施設などのチェックへ。
    イベントの客列などを確認し、予測される事態に備えます。

  • 11:20

    施設関係者で定例ミーティング

    テナントの担当者さまとは定期的にミーティングをして、商況などの情報交換を行っています。

  • 12:10

    昼食

    ショッピングセンター「アルパ」のレストランで食べたり、お弁当を持参したり。その日によってさまざまです。

  • 13:40

    テナント工事の打ち合わせ

    管轄店舗・施設で工事がある場合はサンシャインシティグループ企業のサンシャインシティ・ビルマネジメントと施工計画を相談します。

  • 15:50

    テナントへ販促企画ご相談

    全館連動した販促企画がある際などはテナントに参加を声がけし、全体調整を行います。

  • 16:40

    テナントや施設の視察

    オープンに関わったテナントや施設など、運営が円滑にいっているか定期的に確認しに行きます。

  • 17:00

    社内資料作成

    テナントの商況など社内報告資料を作成します。

  • 18:00

    退社

    明日の業務内容の整理とスケジュールを確認し、退社します。