Recruiting 2021

ハードに呼び込む ソフトのクオリティまでを マネジメントする。

石津

Ishizu

管理部

サンシャインシティのコア事業に携わりながら、 新しいフィールドへ。

サンシャインシティはショッピングやイベントのイメージが強いですが、入社して実感するのは、「不動産業の会社である」ということです。施設管理業務というサンシャインシティのコアな部分で仕事ができていることは、やりがいと同時に大きな責任を感じます。また、入社1年目から多くの部署と関わりながら、この大型複合施設の基礎を学び、理解できたこともキャリアパスとして良い経験だったと思います。最近では、新規取得したビル「アネックスビル」の業務にも携わっています。「アネックスビル」は各所との新しい契約事や清掃、植栽など、さまざまなルール一つひとつがサンシャインシティと異なっていたため、全てをイチから決めていく必要があり、このルールを決める作業にも携わりました。「アネックスビル」をはじめ、今後会社は、新規ビル取得に注力していく方針です。今後は裏方に見られがちだった管理部が、実はこの新領域で中心的存在を担えるのではないかと思っており、今まで以上に面白い部署になっていくのだろうと思っています。

各部署からのニーズを細やかにくみとり、 施設全体に賑わいを。

管理部で経験を重ね、現在は設備衛生担当として、空調や照明等の館内各種設備の維持管理業務、契約変更の手続きや、設備衛生に関する日常的な困りごとの解決も行なっています。
管理部は、各部署からの相談が非常に多いことが特徴です。例えば、イベント開催内容の相談を受けたとき、内容によっては、「危険を伴うので避けてください」と回答することもあります。このようにNG を出す一方で、まず一度、前向きに聞き入れて、イベントの実現と成功に向けて依頼者さまに最大限寄り添い、一緒に考えることをしています。「サンシャインシティとしてどこまで手伝えて、どこからがNG なのか」を明確にしてお伝えする際には、葛藤を抱えることもしばしばです。部署、あるいは会社の垣根を超えてサンシャインシティという施設全体を盛り上げるためにどのような判断を下すべきか。管理部は全体最適の視点とバランス感覚が求められる部署でもあります。

視野を広げつづけ、 サンシャインシティの魅力づくりを支える。

今後は、さらに広い視野でサンシャインシティを見ていきたいと思っています。例えば、お客さまの目の前に立って、直接やり取りし、人を呼び込む営業や宣伝、広告・広報など、今とは全く違う仕事を経験したいと考えており、そのときに今の仕事で経験した知見を役立てたいと思っています。私は防犯・防火防災と、設備衛生業務の双方の経験があり、施設管理を総合的に把握できるようになりました。そのスキルを活かすことで、今後、他部署で仕事をするようになった時に、スムーズに入っていけるのではないかと思っています。引き続き多様な視点でサンシャインシティと関わりながら、その魅力づくりに貢献していきたいと考えています。

私のプライベート

家で録りためたTVドラマを観たり、友人と野外フェスや好きなアーティストのライブに行ってリフレッシュしています。長期休暇もしっかり取ることができるので、海外などに行って、プライベートでも知見を広げることができ良いワークライフバランスで働けていると思います。

TIME TABLE ある一日のスケジュール

  • 9:00

    出社~デスクワーク

    出社後は、社内の回覧板のチェック、メールチェックをします。

  • 10:30

    館内見回り

    10時からのオープン前後に、館内を見回ります。例えば、照明の照度をあげてほしいという依頼が来た場合には、しっかり反映されているか確認したり、気になるところをチェックします。

  • 12:00

    昼食

    先輩社員と一緒にショッピングセンター「アルパ」などで食べます。

  • 13:00

    設備報告

    グループ会社の設備管理部の方から昨日の対応についての報告を受け、各種情報共有をします。

  • 15:00

    他部署との打ち合わせ

    相談ごとの多い部署なので、各部署とこまめに打ち合わせの場を設け、調整を図ります。

  • 17:00

    デスクワーク

    東京都の環境関連の法令に基づく提出物を作成します。

  • 17:30

    退社

    明日の準備をして業務を終えます。