Sunshine City2019採用情報

  • エントリー
  • マイページ

事業環境と将来を見据えて財務戦略を策定する 経理部 佐藤 文哉 入社8年目

目の前の数字から、
会社の未来予想図が見えてくる

経理部での私の主な業務は、資金調達・資金繰りを行う「財務」、予算策定・実績取りまとめを行う「予算」、事業別の収支を策定する「管理会計」の3つです。その他の経理部の業務として「会計」や「税務」がありますが、いずれの業務も正確さが求められるため、細やかに、慎重に、一つひとつ確認しながら進めています。

経理部は、数字を通じて、各事業の収益状況や今後の戦略など、会社の事業環境を俯瞰して見られる点が大きな魅力です。これまでに印象的だったことは、予算策定と財務戦略に係わる仕事です。予算策定は、関係部署からの次年度以降の計画を統合し、議論を重ねたうえで予算化されます。その予算策定と同時に、関係部署の計画を勘案した財務戦略(資金調達・投資のバランスなど)を検討するのですが、刻一刻と変化する事業環境や当社の将来を見据えて策定するプロセスは、全社一丸となって「より良いサンシャインシティをつくりたい!」という気概を感じられ、非常にやりがいを感じました。

経理のための知識ではなく
会社のための経理知識を身につける

コミュニケーション部に5年勤務した後、経理部に異動しました。当初は仕事内容や部署の雰囲気の違いに戸惑いもありましたが、先輩方のフォローもあり、着実に業務に慣れていくことができました。併せて、さらなるスキルアップを目指し、会計やキャッシュフローについてのセミナーに通い、経理関連資格の取得にも取り組んでいます。特に印象に残っているのは、配属から半年後に、社内の若手社員向けの「固定資産会計研修」で講師を務めることになったことです。経理部としての経験が浅い中、自分に務まるかどうか不安でしたが、綿密な準備とリハーサルを重ねたうえで臨んだところ、好評を得られたことは私の経理部の一員としての自信となり、また、受講者の経理知識を補完できたことは会社の将来にきっとプラスになったのではないかと感じています。私が仕事をするうえで大切にしているのは、バイタリティです。私はバイタリティを「仕事を楽しめる力」と解釈しているのですが、会社の数字を扱う経理部の仕事に携わり、「この仕事を通して、当社が今後向かうべき姿を捉えよう!」と考え、仕事のやりがいにつなげています。

様々な可能性を秘めた当社で
新たな収益の柱をつくりたい!

サンシャインシティには、そのキャッチコピー「なんか面白いこと、ある。」の通り、複合施設としての面白さと、様々なソフトコンテンツを呼び込むノウハウ、そして、その魅力や特長をさらに高めていこうとする社員の気概があります。今後は経営戦略の選択肢が広がったこともあり、様々な可能性を持った会社になっていくと感じています。

私も、今は経理部としての立場から、そして将来的にはまた別の角度から、既存施設の活性化や新規案件の開発など、サンシャインシティの「なんか面白いこと」を常に生み出していきたいと思っています。

ある日のスケジュール

■9:00 出社
資金残高と取引状況、振込の確認などを行います。
■10:00 デスクワーク
財務シミュレーションの資料を作成します。
■12:00 昼食
「アルパ」でランチ後、館内の様子やイベント等をチェックします。
■13:00 会議
経理部の各チームの業務の進行状況を共有します。
■14:00 外出
金融機関に出向き、金利動向や資金調達について情報交換します。
■16:00 ヒアリング
関係部署の予算動向のヒアリングを行います。
■17:30 退社
退社後は、会社の同好会活動に参加。他の部署の社員と交流を深めます。

私のチャレンジ宣言

様々な価値観を知り、自分の視野を広げ、自分を見つめ直すことが、人生を楽しむうえで大事にしたいこと。そう考えて、最近はリフレッシュを兼ねて、世界遺産巡りに挑戦しています。まずは国内から順次巡っているのですが、いずれは世界各国を旅したいと思っています。焦らずゆっくり時間をかけて、様々なものに触れてみたいです。